トップ > おでかけ日記 > 尾張一宮から浅野。

 
おでかけ日記
尾張一宮から浅野。
2008年5月28日(水)
今日は午前中が空いているので、郵便局訪問をすることにしました。
名鉄一宮で途中下車して、東の方へどんどん歩くことにします。
 

 
★一宮公園通郵便局 (いちのみやこうえんどおり) 〔愛知〕一宮市
というわけで、毎日電車で通り過ぎている名鉄一宮駅で途中下車。
東口から降り、中心市街地の商店街を抜けて本町通を南へ。
豊島図書館の手前を右折して公園通に出ると、一宮公園通郵便局がありました。
公園通といっても、目立って大きな公園は見当たりませんが。。
【風景印】
「市立豊島図書館」と「七夕飾り」。下の花は市の花「キキョウ」です。

★一宮大志郵便局 (いちのみやだいし) 〔愛知〕一宮市
続いて、一宮大志郵便局。
大通りから少し入った静かな住宅街にあります。
公園通局からは直線距離で300mほどしか離れていません。
郵便局のオレンジ色の標柱の立て方が特徴的ですね。
ちなみに、近くに瑞祥校名の大志小学校があり、地名はその校名から取られたようです。
【風景印】
「真清田神社」と「七夕飾り」と「織物」。

★一宮泉郵便局 (いちのみやいずみ) 〔愛知〕一宮市
大江用水を渡り左折。一宮泉郵便局です。
ちょっぴり古めかしい局舎です。
風景印は、大志局の図案を左右反転させたような図案でした。
局員さん曰く、この辺りはネタが真清田神社と七夕と織物くらいしかないからねぇ‥。
いや、探せばありますよね。泉局なら‥競輪場とかどうでしょう?
【風景印】
「真清田神社」と「七夕飾り」と「織物」。。

★一宮郵便局 (いちのみや) 〔愛知〕一宮市
ゆうちょ銀行一宮 (いちのみや) 〔愛知〕一宮市
中心部から抜け出し、東へ15分ほど歩いて一宮郵便局へ。
随分はずれにあるんですね。
貯金窓口は、ゆうちょ銀行の直営店になっています。
郵便窓口はガラガラでしたが、銀行は4人待ちで20分近く待ちました。
風景印は‥何やらまた似たような図案ですね。。
【風景印】
「真清田神社」と「七夕飾り」と「織物」。。。

★一宮浅野郵便局 (いちのみやあさの) 〔愛知〕一宮市
国道22号(名岐バイパス)を渡って、浅野の集落に入ります。
旧街道チックなカーブを曲がると、一宮浅野郵便局がありました。
他のお客さんの待ち時間を短くするため、あらかじめ硬貨を種類ごとに分けて窓口へお越しください!
という注文書きがあったので、100円玉・10円玉・1円玉を1枚ずつ離して窓口に並べました。
‥って、そういうことじゃないか。
まぁ、他のお客さんなんて誰もいませんでしたが。。
郵便窓口には風景印のパネルが掲示されていました。
さっきの3局とは絵柄ががらりと変わりましたね☆
【風景印】
「浅野公園」の「ねねの歌碑」と「ツツジの花」。

 

 
一宮は定期券の範囲なので、気軽に寄れるんですね。
というわけで、中心部はこんな感じで何回かに分けて訪問しようと思います。
このあとは、バスで一宮駅まで戻り、学校へ向かいました。