トップ > おでかけ日記 > 土岐市山間部。

 
おでかけ日記
土岐市山間部。
2008年4月1日(火)
仲間と土岐のプレミアムアウトレットにやって来ました!!
が、みるくさんはあんまり興味がないので、別行動を取ることにしました。
というわけで、土岐市南部の郵便局や市境をクルマでまわります!!
えっ?いや、ウソじゃないですよ。本当ですって。
 

 
★国道19号 〔岐阜〕土岐市 | 多治見市
国道19号のバイパスに出てすぐ、土岐市と多治見市の境があります。
そういえば、自分でクルマを運転して標識を撮るのは初めてだったりします。
移動中は快適だけど、クルマを止める場所を探すのが面倒ですね。。。
今日から買ったばかりの新しいデジカメでの撮影です。
「多治見市」の標識、写り悪いなぁ。。。
何というか、まだ慣れていなくて、うまく設定できなかったですよ。
土岐市 多治見市
★多治見坂上郵便局 (たじみさかうえ) 〔岐阜〕多治見市
多治見市に入り、県道66号を南へしばらく走ると、右手に坂上局がありました。
住宅地の中で、お客さんもたくさん入っています。
局内には、春らしく桜っぽい飾りがたくさんつるされていました。
貯金を済ませると、花の種をいただきました。
民営化6ヶ月記念ということで、「お客様感謝デー」なんだそうです。

★下石郵便局 (おろし) 〔岐阜〕土岐市
県道66号を走り、土岐市方面へ戻ります。
土岐市に入る際、ショボいタイプの標識が見えましたが、止まれず通過してしまいました。。。
下石町の中心部に入ります。下石は地形図を見ると「建物の密集地」もある大きな集落。
歩道橋もある狭い旧道に入り、クランクカーブを曲がると、
駅前ロータリーのようなバスターミナルの一角に、下石郵便局がありました。
駅前に見えるのは当然で、1972年まではここに東濃鉄道の下石駅があったんですね。
もともとは集配局でしたが、集配局再編が行われる以前に集配廃止となっています。
【風景印】
「ろくろを使って陶器を作る人」と「陶製狛」。
何というか、陶器を作ってる人、ちょっと怖くないですか?

★妻木郵便局 (つまぎ) 〔岐阜〕土岐市
下石町のすぐ南に妻木町が隣接しています。
山に隔たれていないので、何だか一体化してるような感じがしますね。
ちなみに、妻木にも「建物の密集地」があります。
妻木局には何もないだだっ広いスペースが見え、最近まで集配局であったことを物語っていました。
妻木と下石、こんなに近いのに昔は両方とも集配局だったのか。。。
またまた「お客様感謝デー」で、今度はふきんをいただきました。
【風景印】
民族芸能「流鏑馬」と、ろくろを使った「美濃焼き」づくり。向こうの山は「三国山」です。

★土岐鶴里郵便局 (ときつるさと) 〔岐阜〕土岐市
県道19号を南へ。妻木川をさかのぼります。
途中、道幅の狭い区間があって、何というかちょっぴり心細くなりました‥。
それにに加えて結構な急坂で、軽のクルマにはちょっとしんどそうでした。
無事登り切って国道363号を右折、土岐鶴里局へ。
静かな街道沿いの局です。近くには「小原村→」の標識が立っていました。
お客さんは誰もおらず、処理はすぐに終わりました。
「お客様感謝デー」で先着50名に粗品をプレゼント、とありましたが、もらえませんでした。
すでに午前中だけで50名に配り終えたんですね‥って、そんなわけないか。。。

★県道112/352号・上渡合土岐線 〔岐阜〕土岐市 | 〔愛知〕豊田市(藤岡)
県境が近いので、そちらの方にも行きましょう。
まずは、岐阜県道112号=愛知県道352号。
県境は、峠よりも少し下ったところ(豊田寄り)でした。
三国山キャンプ場の入口付近にあります。
標識は、岐阜県土岐市が「ショボいタイプ」、愛知県豊田市は「標準タイプ」でした。
岐阜県
土岐市
愛知県
豊田市
★県道13号・豊田多治見線 〔岐阜〕土岐市 | 〔愛知〕豊田市(藤岡)
ちょっと戻って右折し、県道13号へ。
岐阜県内は2車線でしたが、愛知県に入った途端1.5車線ほどになっていました。
クルマを止めるところがなかったので行き過ぎてしまい、Uターンするのに一苦労でした。。。
何せ道幅が狭いんでね。でも交通量がほぼゼロだから、焦らずゆっくりUターンできました。
標識は先ほどと同じタイプ。ですが、「愛知県豊田市」は木に隠れて見にくくなっています。
岐阜県
土岐市
愛知県
豊田市
★県道19号・土岐足助線 〔岐阜〕土岐市 | 〔愛知〕豊田市(小原)
もう1本ありますね。
鶴里局の前を通り過ぎて、「小原村→」を右折。
狭い山道を登ると、またまた同じタイプの標識がありました。
でも残念ながら「小原村」ではなく「豊田市」でした‥って、そりゃそうか。
「豊田市」を撮ろうとしたら逆光だったので、露出などいろいろ設定を変えて撮ってみたんですが、
なかなかうまく写りませんでした。。。
早く新しいカメラに慣れなきゃなぁ。
岐阜県
土岐市
愛知県
豊田市
★曽木郵便局 (そぎ) 〔岐阜〕土岐市
国道363号に戻って瑞浪方面へ走り、曽木町に入って左折。
曽木の集落はひっそりとしていました。信号の手前あった曽木郵便局へ。
お客さんは誰もおらず、局へ入ると何だか歓迎モードでちょっぴり嬉しくなりました。
風景印を押し終わり、台紙から風景印の本体を持ち上げると‥
「20.」「4.」「1」の3つの年月日活字が抜けて、集印帳の上に直立したまま残って大爆笑でした(^^;)
【風景印】
中馬街道沿いの「石仏群」と、池に映る逆さ紅葉で有名な「曽木公園」。

★駄知郵便局 (だち) 〔岐阜〕土岐市
肥田川沿いを下り、駄知町へ。駄知町にも「建物の密集地」があります。
かつて2年間だけ土岐市の市役所が置かれていたことがあるんだとか。
駄知局ですが、建物の大きさからも分かりますが、やはり最近までは集配局でした。
局に入ると、入口に焼き物が展示されています。
風景印の集印帳に切手を貼ろうとしたら、のりがないことに気付きました。
どうやら曽木局に忘れてきたようです。。。ま、いっか。たぶん局でお客さんが使ってくれるでしょう。
【風景印】
伝説の巨岩「雅児岩」と、雅児岩大橋。
局名は、駄知町特産の「どんぶり」の中に入っています。

 

 
そろそろ集合時間が迫ってきたので、アウトレットまで引き返しました。
そして遅い昼食を取って東海環状道を使って帰りました。
土岐南部は、山の中に比較的規模の大きい集落が点在していて、何となくおもしろいんですよね。
細い山道の運転はちょっとイヤだったけど。。。